title表示の変化

titleとは、 HTML ソースコード内にある <title >と</ title >にはさまれている文字部分のことで、 SEOにおいて最も重要な要素です。

ただ、titleのランキングに対する影響ですが、この数年間において、その重要度や依存度は下がってきています。それはtitleにキーワードが含まれていなくても、検索クエリとの関連性を理解できるようになってきているからです。つまり 、コンテンツの関連性が高いとみなされれば、 titleにキーワードが含まれていなくても上位表示させることができるようになったのです。実際、検索ボックスに入れたキーワードではない title ページが、多く検索結果に表示される場合もあります。
その背景には、検索キーワードに適したコンテンツであるか否かを判断し、上位表示させるという Googleの意図があります。
ただ、このような状況下であっても 、title を最も重要な指標としていることには変わりありません。
そのため、titleにキーワードを含めることが非常に重要です。加えて、 title に上位表示させたいキーワードを含めた場合、検索者が欲しい情報であることをひと目で認識できるため、クリック率を上げる要因となる可能性もあります。だからこそ、今もなお、 title にキーワードを含めることは大事です。
また、検索した際の表示においても 、少しずつ変化していきています。目立った違いとして、PC表示においては titleの下線がなくなり、文字が少し大きくなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です