SEOキーワードと検索回数

SEOのキーワードを選ぶ場合は、検索エンジンでの検索回数が多く、かつその単語で検索した際の検索件数・強力なライバルサイトが少ない単語を選ぶというのが一般的となっています。

 

ですが、検索回数が多くなければダメだとは限りません。
というのも、検索回数が非常に少ないキーワ ー ドであったとしても、コアなファンが できることが あるためです 。

大勢の一見さんよりも、たった1人のファンのほうが、結果的にはプラスになるという局面は、決して珍しくはありません。

特に、何かを販売している場合 は、来訪者数は少なくとも購買率が高く、売上が上がる「穴場」のようなキーワードも存在しているのです。

あくまで基本は「ライバルが少なくて検索回数が多いキーワード」を設定するということではあるのですが 、それに固執する必要はありません。

検索する方の立場に立って「この記事を読みたい方は、こういうキーワードで検索するんじゃないか」というように、色々なキーワードを考えてみることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です