WebコンテンツSEO

「WebコンテンツSEO」とは、耳慣れない言葉かもしれません。

これを簡単に説明すると、以下のようになります。
ネットユーザーが必要とするWebコンテンツをつくることによって、グ
ーグルという検索エンジンが、そのWebコンテンツを公開しているサイ
トに高い評価を与え、結果として検索順位が上がって、SEO対策(検索エ
ンジン最適化)が成功する。
つまり、SEO対策に成功して自社の検索順位を上げ、たくさんの見込み
客を集めるためには、ユーザーが必要とするWebコンテンツをつくり、自
社のサイトで公開しなくてはならないということです。
本業がある中で、なかなかネット集客に時間を割くことができないのは
誰でも同じです。しかし、何もしなければ、自社のサイトは広大なインタ
-ネットという世界で埋没してしまい、結局誰にも見てもらえず、サイト
をつくったこと自体が無駄になってしまいます。

被リンク集め

被リンクを得るのはハードルが高く、なかなか難しいのが現状です。 また、リンクを張ったサイトの質もチェックされるので、理想的な被 リンク集めには、時聞がかかります 。 しかし、だからこそ検索エンジ ンは被リンクを重要視していると考えることもできます。

被 リンクを集めるためには、アクセスしてくれる自ユーザーの支持 を集め、 リンクを張りたくなるサイトを目指す ことが重要です 。

アルフアブロガーと呼ばれる人々は、自分のサイトの訪問者に紹介 したら喜んでもらえるような、新しい情報やユニークなコンテンツを いつでも探しています。そのようなブログで取り上げられたサイトは、 アクセスも増え、良質なサイトからの被リンクを得ることにもつなが ります。「紹介したくなるような コンテンツや記事」を作ることを考

慮してサイトを運営すると、被 リンク獲得の効果があるでしょう 。

Twitterやはてなフ、ックマークを利用することで、リン ク を 増 や す こ と が で き ま す 。 Twitter や はてなブ ッ ク マ ー ク の ア カ ウントを取得してから、自分のサイトの URLを含めたツイ ートを投 稿したり、はてなブックマークで自分のサイトを含めた Web上のお 気に入り集を作りま しょう 。これらは、検索エンジンから被リンクと してカウン卜されると考えられています 。

ただし、自分で行える被リンクには、限界があります 。本来はたくさんのユ ーザーから支持されることが重要なので、このテク ニ ックは おまけ程度のものだと考えておきましょう。

個別記事へのリンク

上位表示させたい個別記事へのリンクを入れましょう。
新しい記事を投稿するときには、上位表示させたい個別記事へのリンクを記 事内に掲載しておくといいでしょう。検索エンジンのロポットは、リンク先の 個別記事を重要な記事と判断するようになるので、上位表示しやすくなります。 検索エンジンの口ポットばかりではありません。記事にリンクが入っていれ ば、興昧を持った読者がクリックしてくれるので、重要な個別記事に集客し やすくなります。 個別記事のリンクの場合、検索エンジンのアルゴリズムによって、どのような アンカーテキストにすればいいのかが変わります。そのため一概には言えませ んが、一般的には、キーワードだけにせす、短文にするのがお勧めです。

検索エンジンは Baidu

2012年第二四半期の時点で、中国の検索エンジンユーザーの79%以上(約3倍、7,000万人)がBaiduを利用しています。

2011年のBaidu検索連動型広告の売上は140億元(約1,680億円)と、日本の2,194億円(電通調べ)と比較してもほぼ同等のマーケット規模となっています。ネット普及率を考慮すると、将来的には中国のほうがはるかに大きな市場となるでしょう。

クチコミやソーシャルメディアマーケティングも人気がありますが、やはり「検索エンジン」抜きには考えられません。中国でウェブマーケテイングを実施するうえで、Baiduは避けては通れないと言えるでしょう。

美しいソースコードを書く

ソースコードの修正でもっとも重要なことは、

ソースコードエラーを極力なくしていく

ということです。そのためにやるべきことが、エラーチェックです。当たり前のように思われるかもしれませんが、実は、SEO対策を行う上で見逃しがちなのが、このエラーチェックなのです。

エラーとは、見た目が完全にくずれていたり、画像がきちんと表示されていなかったり等の「わかりやすい」エラーだけではありません。

一見しただけでは、わからないようなエラーも含まれるのです。

また、ソースコードエラーを含んだサイトでも、ブラウザが適切に解釈して、くずれていないように見せてしまうこともあります。

しかし見た目にはズレていなくても、検索エンジンのロボットはきちんとエラーを読み取っていきます。つまり、

ソースコードエラーが潜在化している

のです。ブラウザの補正する機能はとてもありがたいのですが、それに甘えずエラーの少ないホームページを作成することが、SEOの観点からは大変重要となってきます。

その上で、

  1. できる限りきれいなHTML記述を心がける
  2. 不必要なHTMLタグをできる限り少なくする

という2つの点に気を付けなければいけません。

アンカーテキストの分散とは

アンカーテキストの分散とは、同じ言葉だけのアンカーテキストを集めるのではなく、複数の言葉でアンカーテキス卜を用意することを指します。目標キーワードだけでアンカーテキストを行わず、目標キー ワードを入れつつ
関連性のある複数の言葉でリンクを行うことで、アンカーテキストの分散が可能になります。例えば、メインサイトにリンクを送る場合に、このアンカーテキス卜分散がキーポイントとなります。アンカーテキス卜を分散させる コツは「サイト名」「ドメイン URL」「目標キーワー ドを入れた言葉」「キー ワ
ードの共起語」などをアン力一テキストに使うことです。

クロール

ロポ ッ ト型 の検索エ ンジン では、世界中のWebサイトをクローラーというロポ ッ トが自動的に 巡回 し、Web サイ トを自動的に検索エンジ ンに登録する。この巡回のこと をクロールと呼び、クロールされた Webサイ トが検索エンジンに登録さ れることをインデックスと呼ぶ。
検索エンジ ンの検索結果ページにはインデ ックスされたWeb サイトが表示されるわけだが、裏を返せば、検索エ
ンジンにインデ ックスされなければ、 検索結果ページに Web サイトが表示されることは ない。要するに、そもそ
もクロールされなければ検素エンジ ンと検索結果ページWeb サイトを表示されることはありません。そこで、クロー ラー がどのように Webサイトをクロールするかをおさえておくことがポイントとなる。

マイナーすぎるキーワード

意昧が広すぎるキーワード、マイナーすぎるキーワードはSEO効果が低いといわれています。
特定のキーワードをいくつか選定し上位表示を実現したとしても、選定するキーワードを間違えていては、 SEO対策をする意昧がない。 例えば、誰も検索しないようなキーワードを選定してしまった場合である。  SEO対策を始める前に社内のブロジェクト関係者との間で適切かつ具体的な成功指標を立て、認識の刷り合わせをしておくべきである。なお、成功指標を主に誘導数やコンバージョン数とする場合、 対策キーワードの選定の間違いはSEO対策を無意昧なものにする場合があるので、キーワード選定のポイントはしっかりと押さえておくべきです。

Google とYahoo! が明言するペナルティー

これらのペナルティーは、決して都市伝説でも何でもありません。 Google もYahoo! も同じことを宣言しています。 まず、 rGoogle ウヱブ、マスターツールヘルプ」の「ウェブマスター向けガイドライン」に記載されている「品質に関するガイドライSEO 対策で注意したいペナルティーン・具体的なガイドライン」から抜粋してみましょう。

  • 隠しテキストや隠しリンクを使用しない。
  • クローキングや不正なリダイレクトを行わない0 .自動化されたクエりを Google に送信しない。
  • コンテンツに関係のないキーワードをページに記載しない。
  • 複数のページ、サブドメイン、ドメインで同じコンテンツを公開
    しない。
  • フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、不正なソフトウェア
    のインストールなど、悪質なページ老作成しない。
  • 検索エンジン用の誘導ページを作成したり、オリジナルのコンテ
    ンツがほとんどないアフィリエイトプログラムを使用しない。
  • アフィリエイトプログラムに参加している場合は、サイトを訪
    れるユーザーにとって価値のある内容で、あることを確認する。独
    自性や関連性があるコンテンツを提供して、サイトにアクセスす
    る目的をユーザーに提供します。 そして、 Yahoo! も rYahoo! サイトエクスプローラーガイドライ
    ン」で以下のようなサイト作成を推奨しています。
  • オリジナリティーや独自性のある内容を持つウェブページ。
  • インターネット利用者を第一の対象として設計されたウェブページ。
  • 外部へのリンクを設置している場合には、そのリンク先のウェブ
    ページがリンク元のウェブページの内容と関連性があること。あ
    るいは、関連する内容を喚起させるリンクであること。
  • タイトルやディスクリプションなどのメタデータ (HTML の <head> のなかの記述)で、ウェブページの内容が適切に記述さ れていること。
  • わかりやすくデザインされているウェブ、ページ。
    アフィリエイトをしている人で、この項目で解説したペナル
    ティーに心当たりがあれば、早急な修正をおススメします。

リンクポピュラリティ

アンバランスな被リンクの急増は締め出しの対象になる可能性があります。SEO対策のためにサイトやページを増やす場合、そのサイトやページ数の増加にともなって被リンク数も増えるというのが自然な流れですし、検索ロボットもそのような前提に立っています。そもそも、検索ロボットは長いスパンで被リンク数の増減とページ増加の相関関係を見て、その原因が優れたサイトゆえのものか、あるいはスパム行為によるものかを判断しているはずです。
したがって、あるサイトで、「リンクポピュラリティに含まれる要素(数、質、関連性など)のバランスが崩れた場合、即座に要注意サイトとしてマークされることになるのです。