検索エンジンは Baidu

2012年第二四半期の時点で、中国の検索エンジンユーザーの79%以上(約3倍、7,000万人)がBaiduを利用しています。

2011年のBaidu検索連動型広告の売上は140億元(約1,680億円)と、日本の2,194億円(電通調べ)と比較してもほぼ同等のマーケット規模となっています。ネット普及率を考慮すると、将来的には中国のほうがはるかに大きな市場となるでしょう。

クチコミやソーシャルメディアマーケティングも人気がありますが、やはり「検索エンジン」抜きには考えられません。中国でウェブマーケテイングを実施するうえで、Baiduは避けては通れないと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です