マイナーすぎるキーワード

意昧が広すぎるキーワード、マイナーすぎるキーワードはSEO効果が低いといわれています。
特定のキーワードをいくつか選定し上位表示を実現したとしても、選定するキーワードを間違えていては、 SEO対策をする意昧がない。 例えば、誰も検索しないようなキーワードを選定してしまった場合である。  SEO対策を始める前に社内のブロジェクト関係者との間で適切かつ具体的な成功指標を立て、認識の刷り合わせをしておくべきである。なお、成功指標を主に誘導数やコンバージョン数とする場合、 対策キーワードの選定の間違いはSEO対策を無意昧なものにする場合があるので、キーワード選定のポイントはしっかりと押さえておくべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です