Google とYahoo! が明言するペナルティー

これらのペナルティーは、決して都市伝説でも何でもありません。 Google もYahoo! も同じことを宣言しています。 まず、 rGoogle ウヱブ、マスターツールヘルプ」の「ウェブマスター向けガイドライン」に記載されている「品質に関するガイドライSEO 対策で注意したいペナルティーン・具体的なガイドライン」から抜粋してみましょう。

  • 隠しテキストや隠しリンクを使用しない。
  • クローキングや不正なリダイレクトを行わない0 .自動化されたクエりを Google に送信しない。
  • コンテンツに関係のないキーワードをページに記載しない。
  • 複数のページ、サブドメイン、ドメインで同じコンテンツを公開
    しない。
  • フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、不正なソフトウェア
    のインストールなど、悪質なページ老作成しない。
  • 検索エンジン用の誘導ページを作成したり、オリジナルのコンテ
    ンツがほとんどないアフィリエイトプログラムを使用しない。
  • アフィリエイトプログラムに参加している場合は、サイトを訪
    れるユーザーにとって価値のある内容で、あることを確認する。独
    自性や関連性があるコンテンツを提供して、サイトにアクセスす
    る目的をユーザーに提供します。 そして、 Yahoo! も rYahoo! サイトエクスプローラーガイドライ
    ン」で以下のようなサイト作成を推奨しています。
  • オリジナリティーや独自性のある内容を持つウェブページ。
  • インターネット利用者を第一の対象として設計されたウェブページ。
  • 外部へのリンクを設置している場合には、そのリンク先のウェブ
    ページがリンク元のウェブページの内容と関連性があること。あ
    るいは、関連する内容を喚起させるリンクであること。
  • タイトルやディスクリプションなどのメタデータ (HTML の <head> のなかの記述)で、ウェブページの内容が適切に記述さ れていること。
  • わかりやすくデザインされているウェブ、ページ。
    アフィリエイトをしている人で、この項目で解説したペナル
    ティーに心当たりがあれば、早急な修正をおススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です