マーケティング&SEO戦略の池

昔から、営業マンの言葉として、『魚のいない池にいくら釣り糸を垂れても、魚は釣れない』といった表現がありました。これは自身が提供したり、販売したい商品を、欲しいと思っている顧客がいるフィールドに働きかけをしないと、営業として何も成り立たないといった意味合いを表わしています。マーケティングの世界でも、SEO対策においても同様の事柄が、その基本として常に語られています。マーケティングの世界では「ターゲット」として、SEO対策においては「キーワード」の選択として、きちんとしたリサーチの上で、その商品やサービスを購入しそうなお客様に働きかけをしない限り、皆さんが起こすアクションの中に、誰も巻き込む事はできないという考え方です。営業やSEO対策は、粘って粘って粘り勝ちをするようなものではありません。まず、第一に、購入しそうなお客様をみつける事が大前提として、営業やSEO対策においての全てであると言っても過言ではないかもしれません。それくらい魚のいない池に釣り糸を垂れ、忍耐強く何時間も待ちぼうけしようとも、チャンスは訪れないという事なのです。営業活動や、SEO対策を行う際には、マーケティング戦略の中で、きちんとした顧客に関するリサーチが必要です。マーケティング用語の中では「ターゲット」、SEO用語の中では「キーワード」と呼ばれるものの掘り下げができない事には、何の意味も生まれないのです。そのような認識を、今一度、整理してみましょう。営業活動は、シビアなものです。忍耐力や粘り強さだけでは、マーケティング戦略は乗り切る事はできないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です